カテゴリー  [♪ウクレレの基礎知識 ] 目次
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月30日 (月) | Edit |
ウクレレも色々な種類がありますが
弦もいくつか種類があります。

弦によってウクレレの音色も結構変わってきますので
好みに応じて選ぶと良いと思います。

ソプラノ~テナーまでそれぞれにあった弦が売っていますよ。

以下は私がいくつか試してみたウクレレ弦の感想です。

アキーラ(Aquila)
 
Aquila(アキーラ)弦の特徴はナイルガット弦という人工のガット弦を使っていることです。
耐久力もあってテンションも普通くらい、弾きやすくてサステインも伸びがある感じです。
ワースストリングス(Worth Strings)
 
このワース社(Worth)のクリアフロロカーボン弦はLow-G弦として最適です。
通常Low-G弦はギターで使う巻き弦ですが、その金属的な感じとちょっとこすれる感じが嫌いなので私はLow-Gといったらワース弦です。
私は巻き方が下手で弦をちょっとダメにしてしまいましたが、弦が長いのでソプラノサイズなら2セット分十分取れるのですぐやり直しできました♪
カマカ(KAMAKA)
 
ちょっと固めの弦ですが、その分響きが良いのでやはりカマカ(KAMAKA)にはこの弦がぴったりですね。
3弦が太めなのでブリッジの溝があまり無いウクレレには適さないかもしれません。

GHS 
 
安くて良い弦です。
基本的に忠実な弦というか、どんなウクレレにも合う気がします。
コストパフォーマンスを考えると一番おすすめですね。
ヒロ(Hilo Strings) 
GHSとカマカの中間、という感じ。
ちょっとざらついた感じが好きという人もいる。
私も個人的には嫌いではないです。
コオラウ(Ko'olau Strings)
金色の弦がおしゃれです。
パイナップル型ウクレレに合わせるとすごく
雰囲気が出て感じがよいです。
音はきれいに響く感じ。見た目同様上品ですね。
ダダリオ(D'Addario)
ジェイク・シマブクロ愛用の弦。
ピッチの正確さには定評あり。

スポンサーサイト
テーマ:ウクレレ(UKULELE)
ジャンル:音楽
2009年11月19日 (木) | Edit |

ウクレレの種類


ウクレレは大きさによって大きく4つのタイプがあります。

ソプラノウクレレ 日本でウクレレと言えばこのサイズ。
音も形もカワイイです。
コンサートウクレレソプラノよりちょっと大きめのサイズ。
音量もあるし、男性のソロ演奏にちょうど良いサイズ。
テナーウクレレ
ハワイで人気のサイズ。
音量も大きく、ちょっとギターっぽくなります。
バリトンウクレレ これウクレレか?というくらい大きなサイズです。
これを弾いている人をあまり見たことがない・・・。


おすすめのウクレレは?


好みの問題なのでなかなか難しいですが
私が最初に買ったのはFamous(フェイマス) FS-5(約3万円)でした。

お茶の水の楽器店を色々回りましたが、どこの楽器店でも
このFamous(フェイマス)をおすすめしていたし、
音も、デザインもダントツで良かったです。

その後いろいろと他のウクレレを弾かせてもらって
目も耳も肥えてきましたが、やはりこのウクレレにしたのは
正解でした。

ただ、そのほかにもたくさん良いウクレレがありますので
以下の価格帯別のコメントを参考にご自分の好きなウクレレを
選んで下さいね♪
~1万円おもちゃに近い
・チューニングが狂いやすく、あまり初心者向きではない。
・壊しても良いウクレレとして外での演奏用にするのがベストな使い方。
1万円~3万円楽器
・初心者向けエントリーモデルの価格帯。
・この辺を買っておけばまず間違いない。
3万円~10万円高級楽器
・末永くウクレレとお付き合いしたい方におすすめ。
・値段に比例して音も、デザインも良くなっていく価格帯。
・一生付き合えるウクレレはこの辺にいます。
10万円~趣味の世界
・これ以上のウクレレは音の差はそうありません。
・装飾が凝ったウクレレ、ビンテージウクレレなどがこの価格帯。




 hand01.gif チューナーはどういうタイプがいい?  へすすむ
 hand04.gif ウクレレの基礎知識 目次 へもどる
テーマ:ウクレレ(UKULELE)
ジャンル:音楽
2009年11月15日 (日) | Edit |

ウクレレの欠点とは


ウクレレはすごく魅力的な楽器です。

でも、残念ながら欠点もあります。

欠点1:楽譜が少ない!


ピアノやギターに比べて、ウクレレはあまりにも楽譜が少ないです。

書店や楽器店の楽譜コーナーを見ればわかりますが
ウクレレは大体隅っこの方にちょこっとあるだけです。

特に新曲など弾きたい曲があっても楽譜がなくて
弾けない、という事態に陥る可能性は高いです。

コード譜だけでよければギターもウクレレも共通なのでいいですが。

ウクレレ楽譜を探すのに色々苦労したことが
このブログをつくったきっかけでもあるんですけどね。

欠点2:音域が狭い!


弦が4本と少ないことから、手軽に弾けるのですが、一方で
その分、音のバリエーションは少なくなってしまいます。

ギターの音域は6弦全部合わせると4オクターブ弱

ですが、それに対してウクレレの音域は

がんばっても2オクターブ半がせいぜい

です。

2オクターブあればとりあえず問題はないのですが
やはりギターやピアノのような幅のある演奏はできないですね。



でも、そんなウクレレの欠点を克服して、すごく奥深い
演奏ができるプレイヤーもたくさんいます。

 →ジェイク シマブクロ ウクレレ演奏動画

お手軽な楽器である以上、ある程度の制限があるのは
やむを得ないですよね。

それでも私はやっぱりウクレレのあの軽やかな音色
好きなんですよね~♪


 hand01.gif ウクレレの音の秘密 へすすむ
 hand04.gif ウクレレの基礎知識 目次 へもどる
テーマ:ウクレレ(UKULELE)
ジャンル:音楽
2009年11月15日 (日) | Edit |

ウクレレの魅力とは


なんと言ってもウクレレの一番の魅力は

お手軽なとこ!

です。

お手軽ポイント1:安い!


ギターなどと違ってウクレレは安いもので数千円
初心者モデルで2~3万円で十分いいウクレレが買えます。

このくらいの値段だったら、

ちょっとやってみようかな?

で始められます。

もし弾かなくなってもお部屋に飾っておけば
インテリアとしてもおしゃれです♪

お手軽ポイント2:簡単に弾ける!


弦楽器は、ギターでFコードを押さえられなくて挫折したから、ちょっと・・・
という方でも、ウクレレなら大丈夫!

ウクレレは弦が4本しかないのでコードの押さえ方もそれほど
複雑ではありません。

つじあやのも指が短くてギターは挫折したそうですが
ウクレレプレーヤーとして大活躍しています。

kamakabody.jpg

お手軽ポイント3:小さい!


ウクレレはソプラノサイズで全長50~60cmくらいと、
すごく小さいので持ち運びしやすく、ちょっと弾きたいと
思ったときに気軽に弾けます♪

アルフィーの高見沢さんも常に車の中に
ウクレレを1台入れている
そうですよ。

それに音もそれほど大きくないので、集合住宅で夜弾いていても
迷惑がられることはありません。


ウクレレの魅力、伝わったでしょうか?
でも、こんなに魅力たっぷりのウクレレ、実は欠点もあるんですよ。


 hand01.gif ウクレレの欠点 へすすむ
 hand04.gif ウクレレの基礎知識 目次 へもどる

テーマ:ウクレレ(UKULELE)
ジャンル:音楽
2009年11月11日 (水) | Edit |
ウクレレukulele_wd_s.gif

という楽器に興味のある方向けに
ウクレレの初歩、基礎知識をまとめました。

 music04-027.gif ウクレレの歴史

 music04-027.gif ウクレレの魅力

 music04-027.gif ウクレレの欠点

 music04-027.gif ウクレレの音の秘密 

 music04-027.gif ウクレレの選び方  

 music04-027.gif チューナーはどういうタイプがいい?

 music04-027.gif ウクレレ弦の比較

 music04-027.gif ウクレレソロとは
 
ukulele_wd.gif
テーマ:ウクレレ(UKULELE)
ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。